カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
コシヒカリ農場阿部文吉ではコシヒカリ全作で循環型米作りに取り組んでいます。

生育調査

葉色計


稲の生育状況を調査しています。

主に葉の枚数・葉幅、茎数、身長、それに葉っぱの色を計ります。これはスパッドと言う機械で葉の色を数値化する機械です。これで稲の栄養状態がどうかをみます。

稲の長さを計測

この時点(穂肥7〜10日前)では葉色39.3、草丈65cmです。まあ平均的な状態です。

中畔塗

畔塗作業


田んぼの中の畦を機械で塗ります。昨年までは百姓仲間に作業委託に出していたのですが、なかなか高額になり、機械が欲しいなと思っていたところ格安な中古があったので思い切って買いました。なかなか真っすぐに塗るのが難しいです。

畔塗機NZR300

秋打ち

秋打ちしました。


28年度のコシヒカリ作りが始まりました。
今年はかき殻とかに殻から作った肥料を入れました。
田んぼのPH(ペーハー)を稲の生育に適した6.5位に持っていくためにかき殻石灰を入れ、藁を分解して地力をます為に、かに殻と珈琲豆の搾りかすで作った肥料をいれました。
かき殻とかに殻肥料で秋打ち

土壌分析

土壌調査


ようやく稲刈りが終わったかと思う間もなく来年の準備です。

田んぼの土壌分析を行います。圃場の5か所の土を抜き取ります。これを調査機関に出し分析します。

土壌に不足しているモノ、逆に余剰にあるモノ、酸度等の項目を調査します。

数日したら結果が出るので来年度の計画を立てます。

又、秋打ちを行います。

切藁を分解し、土壌に菌の活動を活発にする為カニ殻とカキ殻の肥料を入れます。

来年が楽しみです。

土壌分析

ぬか捨て

もみ殻を捨てる


籾殻を袋に詰めて田んぼにいれます。

この籾殻は昔といっても20年位前までは田んぼで燃やしていました。

でもすごい煙がでて道路を走る車の運転に支障があるということで、禁止になりました。

籾ガラを捨てる

この籾殻をアクティ君で田んぼに持っていき刈り取りの終わった圃場に入れます。

大きな袋を大黒様のようにに背負って田んぼに入れます。

籾殻にはケイ酸と言う成分がたくさんあり稲を丈夫にします。

玄米の出荷

米の出荷


籾摺りした玄米をJAに出荷します。

籾摺り

籾摺り作業


コンバインで収穫したコメは硬い籾殻に包まれています。その籾殻をゴムロールが回転する間を通して玄米にします。

手前がかあちゃんで奥がオヤジです。

稲刈り

稲刈り


稲刈りが始まりました。

この黄金色。

何とも言えない良い色です。

本物の金塊は見た事ありませんが、きっとこんな色をしているんでしょうね!

稲刈り

稲刈り

コンバインで刈り取った籾を乾燥する為農舎へ運びます。

コンバインの雨具掛け

本日の刈り取りが終わったので雨カバーをかけて翌日に備えます。

坪刈り

坪刈り


小池稲作研究会では会員の米作りの結果を確認する為、「坪刈り」を行います。

一坪でどれだけの収量があるかを調査し10aの収量を計測します。

この日はあいにくの雨でしたが、無事終わりました。

坪刈り

穂肥

コシヒカリに穂肥を散布します。

穂肥

茎の下の部分に小さな穂が産まれてきます。幼い穂と書いて幼穂(ようすい)と言います。

それが大体1センチ位になったら1回目の穂肥を散布します。大体出穂日の18〜15日前です。文吉では葉色が薄い田んぼが何ヶ所かあったので待てずに早めに撒きました。

画像の動散(動力散布機)を背負ってエンジンを廻して田んぼに散布していきます。この機械が約10kg、そこに肥料を10kg入れるからおおよそ20kgです。私の体重が80kg弱(笑)ですから軟らかい田んぼではぬがって大変です。

穂肥作業

この時期はとっても暑いのでなかなか大変です。

2回目が出穂の10日前に散布します。

いつどれだけの量をくれるか、なかなか神経を使います。稲の現在の状況と今後の生育を考えて調整します。


現地指導会

稲作研究会


私は米作りの素人です。

なのであちこちの勉強会には積極的に出ています。

これは隣町の現地指導会です。

現地指導会


生育調査

幼穂確認


穂肥をいつ、どのくらいくれるかを判断するのに幼穂の長さを確認します。

この場合0.5ミリです。

大体1センチになったら穂肥野時期です。

生育調査

ものさしで稲の背丈を計ります。

おおよそ72センチ位です。

この背丈と葉っぱの色で穂肥の量を決めます。

背丈が高かったり色が濃い場合は量を控えるか、1回目の穂肥を遅らせるかやめます。

最も大事な決断です。

田めぐり

田んぼめぐり


毎日3回は田んぼを廻ります。足は鈴木のモレット君か本田のアクティ君です。

そんなに何しに行くの?思われるかもしれませんね。

水を確認するんです。と言うのも当地の田んぼは砂地で水持ちが悪い為、水を入れてもスーッと抜けていくのです。又、畦も弱くねずみやモグラが悪さをして穴を開け水が漏れていくんです。

稲は水稲と言うくらいですから水が欠かせないんですね。

当然稲の育ち具合を観察します。

稲を見ていると飽きませんし、気持ちがスーッとしてきます。

草刈正雄

草刈り前


草刈り後

人は山へ芝刈りに、私ゃ田んぼへ草刈りに!

今シーズン初の草刈正雄。
今年は気候が良いせいか稲の生育が良好。当然草もすこぶる生育が良い。伏せ直し(稲が欠株になっているところに苗を植え直す作業)もようやく終わり急かされるように、草刈正雄を行いました。

私、数ある農作業の内でこの草刈作業が2番目に好きです。1番はトラクターに乗って田んぼを打つ耕起作業です。

この草刈、何が楽しいかと言うと「無心」になれる事です。人馬一体というけどこの場合「人機一体」ですね。どんなに忙しい時でもムシャクシャした時でも草刈りをすると気分がスーッとします。

コースの総延長は約2k位になりますでしょうか。一度刈っても直ぐまた生えて来ますから、シーズン3〜4回は刈らないとダメです。

田植え

田植え

田打ち

田打ち


数ある農作業の中で最も好きな仕事です。

雪と雨に締め付けられて硬くなった土を耕し起こして行きます。仕事としては単純な仕事ですが面白い仕事です。土が細かくなり掘り起こされて空気を入れ込んでゆきます。

今日のように天気が良くて風が吹いていると湿った土が半日もするとカラカラに乾いていきます。

昔は耕運機やティラーで掘り起こしていました。もっと前は馬や牛を使って鋤で掘り起こしていたそうです。

私のオヤジが酒を飲んで良い気持ちになってくると昔の農作業の話をしてくれます。

必ず出てくるのが「俺は村一番の馬の使い手」だったと言う話です。

このKT24はトラクターとしては24馬力ですからとても小さい部類です。規模の大きな人は40〜50馬力で操縦席がガラスで囲った、キャビン付に乗っています。

私はこのKT24がとても気にいっています。

この田打ちが終わると田んぼに水を入れて代掻きが始まります。

肥やし撒き

肥やし撒き


酒蔵が純米・吟醸・大吟醸とタンク毎に日本酒を造るように、私も精魂を込めてコシヒカリを造ろうと決意しています。

カニガラ、海水のニガリ、昆布の粉末等の海の滋養からから作られた肥料。

豆腐のオカラ、醤油の搾りかす、珈琲豆の粕、米ぬかを発酵させて作られた肥料。

田んぼの土質を調べて圃場に最適な施肥設計を立て田んぼに入れます。

27年度コシヒカリを40aロットで4圃場栽培します。一応私の中では味に対するイメージはあります。

が、その通りに稲が育ち籾に養分が蓄積されどんな米の味になるか正直のところわかりません。

多くの人から教えていただいた事を私の中で醸成させて4通りの施肥設計をしました。

酒蔵の蔵人のように純米・吟醸・大吟醸と呼べるコシヒカリを作ってみたい。


田んぼダム

田んぼダム


通常の排水口

最近多いのが集中豪雨。いつどこにゲリラ的に降ってくるかわかりません。
新潟県では田んぼダムに取り組み始めています。上のコンクリートますが「田んぼダム」

「えっ どこが田んぼダムなのよ?」と思われるのもごもっとも。手前の板で田んぼに貯まる水の量を調整するんです。

新潟県ではおおよそ1万haの田んぼで取り組んでいます。1万haの田んぼが10cmの水を貯めると相当の量の水を一時田んぼに蓄えておくんです。

コレ一気に流すと排水河川があふれかえって水浸しになってしまいます。

田んぼが皆様のお役に立っている一例でした。

畦塗り

畔塗り


今年は例年になく春が早いようです。

たまらず畔塗りを早くも行いました。例年ですと3月20日頃から塗り始めるのですが、用水の水が渇きはじめて土が硬くなり始めてきたからです。

今時こんな風に手で畔を塗っているのは私ぐらいのもんです。

他の地区は、用水そのものが土溝ではなくコンクリートのU字溝やパイプで水を流しているのです。

なのでこういった畔を補修する必要はないのです。

この作業は非常に疲れます。今日は100m程の用水を3時間ほどかかって塗りました。