カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
日本では毎年10万トンの米の消費が減ってると言われています。私達の燕市の田んぼの面積は燕・吉田・分水の3地区を併せると約4,800haここで生産される米は約24,000トン 。つまり燕市の田んぼの総面積の4倍の面積では米を作る必要が無くなるのです。(東京ドーム15,000個分の田んぼ)国は米の消費拡大に躍起になっていますが、効果はでていません。私は米を生産する全ての人が「ほんとうに美味しい米を生産する事が最も早く確実な方法だと思っています。 お客様の声をご紹介させていただきます。「あんまりご飯を好きでなかった息子が2杯も3杯もおかわりをするようになりました。」

生育調査

幼穂確認

穂肥をいつ、どのくらいくれるかを判断するのに幼穂の長さを確認します。

この場合0.5ミリです。

大体1センチになったら穂肥野時期です。

生育調査

ものさしで稲の背丈を計ります。

おおよそ72センチ位です。

この背丈と葉っぱの色で穂肥の量を決めます。

背丈が高かったり色が濃い場合は量を控えるか、1回目の穂肥を遅らせるかやめます。

最も大事な決断です。

ページトップへ