カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
日本では毎年10万トンの米の消費が減ってると言われています。私達の燕市の田んぼの面積は燕・吉田・分水の3地区を併せると約4,800haここで生産される米は約24,000トン 。つまり燕市の田んぼの総面積の4倍の面積では米を作る必要が無くなるのです。(東京ドーム15,000個分の田んぼ)国は米の消費拡大に躍起になっていますが、効果はでていません。私は米を生産する全ての人が「ほんとうに美味しい米を生産する事が最も早く確実な方法だと思っています。 お客様の声をご紹介させていただきます。「あんまりご飯を好きでなかった息子が2杯も3杯もおかわりをするようになりました。」

田んぼダム

田んぼダム

通常の排水口

最近多いのが集中豪雨。いつどこにゲリラ的に降ってくるかわかりません。
新潟県では田んぼダムに取り組み始めています。上のコンクリートますが「田んぼダム」

「えっ どこが田んぼダムなのよ?」と思われるのもごもっとも。手前の板で田んぼに貯まる水の量を調整するんです。

新潟県ではおおよそ1万haの田んぼで取り組んでいます。1万haの田んぼが10cmの水を貯めると相当の量の水を一時田んぼに蓄えておくんです。

コレ一気に流すと排水河川があふれかえって水浸しになってしまいます。

田んぼが皆様のお役に立っている一例でした。

ページトップへ