カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
日本では毎年10万トンの米の消費が減ってると言われています。私達の燕市の田んぼの面積は燕・吉田・分水の3地区を併せると約4,800haここで生産される米は約24,000トン 。つまり燕市の田んぼの総面積の4倍の面積では米を作る必要が無くなるのです。(東京ドーム15,000個分の田んぼ)国は米の消費拡大に躍起になっていますが、効果はでていません。私は米を生産する全ての人が「ほんとうに美味しい米を生産する事が最も早く確実な方法だと思っています。 お客様の声をご紹介させていただきます。「あんまりご飯を好きでなかった息子が2杯も3杯もおかわりをするようになりました。」

農作業用長靴ミツウマ25.5

農作業用長靴

百姓の「NB」と言えるミツウマ印の田んぼ用長靴です。
このメーカーのが一番良いです。

色々メーカーがあります。ホームセンターに行くと中国産ので980円位で売っています。買いましたが一発で使いものにならないのがわかりました。

これは確か6,000円以上すると思います。どこが違うかと言うとズバリ、ゴムの軟らかさです。
田んぼは粘土質ですから泥が長靴にまとわりつきます。ゴムが硬いと身動きがとれなくなります。

軟らかいと足がスーッと抜けるんです。

とっても柔らかいです。気温が低くても超軟らかです。この柔らかさはミツウマだけのモノです。

他に弘進というメーカーもありますが、このミツウマにはかないません。

このミツウマと言うメーカーは北海道小にあります。けっこうローカルなメーカーです。

私は田んぼに行く時は必ずこの長靴を履いていきます。

ページトップへ