カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
日本では毎年10万トンの米の消費が減ってると言われています。私達の燕市の田んぼの面積は燕・吉田・分水の3地区を併せると約4,800haここで生産される米は約24,000トン 。つまり燕市の田んぼの総面積の4倍の面積では米を作る必要が無くなるのです。(東京ドーム15,000個分の田んぼ)国は米の消費拡大に躍起になっていますが、効果はでていません。私は米を生産する全ての人が「ほんとうに美味しい米を生産する事が最も早く確実な方法だと思っています。 お客様の声をご紹介させていただきます。「あんまりご飯を好きでなかった息子が2杯も3杯もおかわりをするようになりました。」

草刈正雄

草刈機草刈正雄雑草

農業は雑草との戦いでもあります。

人は山へ芝刈りに!私は田んぼへ草刈りに!

私は数多ある農作業の中で草刈りが一番好きです。
草刈りはだいたい一シーズンで3~4回やります。

農道、畦畔はすぐに雑草が生えてきます。雨が降って高温が続くとみるみる草丈が伸びます。

この「雑草野郎め」と言う感じです。

この草刈作業の楽しいところはまず無心になれることです。私も人間ですから色んな悩みや問題にぶちあたります。

そんな時この草刈をやるときだけは全てを忘れ無の境地に入ります。

次にいかにも仕事をしたなという達成感があります。

前を向きながら規則正しく刃を左右に振りながら草を刈りはらっていきます。

ある程度進んで後ろを振り返ると刈り取られた跡がきれいになっています。その時の気持ちの良い事と言ったらありません。

この草刈正雄君はオヤジの代からつかっていますからもう20年以上使っていると思います。年式は不明です。2サイクルエンジンです。燃料は25対1(ガソリン25に対しオイル1を混ぜたものを使います)

刃はシーズンで2回程替えます。1枚1000円位のモノを使っています。1枚480円のモノもありますが、直ぐに切れ味が落ちて来ます。まあ1000円位のモノがちょうどよいかなと言う感じです。

まあでもそろそろ寿命かなという年頃になってきました。

ページトップへ