カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
日本では毎年10万トンの米の消費が減ってると言われています。私達の燕市の田んぼの面積は燕・吉田・分水の3地区を併せると約4,800haここで生産される米は約24,000トン 。つまり燕市の田んぼの総面積の4倍の面積では米を作る必要が無くなるのです。(東京ドーム15,000個分の田んぼ)国は米の消費拡大に躍起になっていますが、効果はでていません。私は米を生産する全ての人が「ほんとうに美味しい米を生産する事が最も早く確実な方法だと思っています。 お客様の声をご紹介させていただきます。「あんまりご飯を好きでなかった息子が2杯も3杯もおかわりをするようになりました。」

トラクタ KT24

クボタトラクタKT24

美味しいコシヒカリを作るに欠かせないモノ。

田んぼ、水、太陽、空気、情熱・・・まあ色々ありますが、農機具は絶対必要ですね。

トラクターは田んぼを耕す機械です。硬くなった土を掘り起こし空気を田んぼに入れ水を入れ代掻きをして平らにして苗を植えます。

これは以前のトラクターが油漏れをするというので中古で購入しました。色々探しましたがなかなかちょうど良いモノがなく少し馬力的に小さいのですがまあ我慢しました。

購入時300時間程の作業量でした。車の場合は走行距離数で程度をみますがトラクターの場合作業時間でみます。年式的には古いのですが確か380時間程の作業量でした。

まあ体は小さいですがとっても頼りになる奴です。

ページトップへ