カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
コシヒカリ農場阿部文吉ではコシヒカリ全作で循環型米作りに取り組んでいます。

生育調査

幼穂確認

穂肥をいつ、どのくらいくれるかを判断するのに幼穂の長さを確認します。

この場合0.5ミリです。

大体1センチになったら穂肥野時期です。

生育調査

ものさしで稲の背丈を計ります。

おおよそ72センチ位です。

この背丈と葉っぱの色で穂肥の量を決めます。

背丈が高かったり色が濃い場合は量を控えるか、1回目の穂肥を遅らせるかやめます。

最も大事な決断です。